Javaに関する様々な情報をご紹介します。

Javaに関する様々な情報をご紹介します。

Hello World

このページでは、Servlet・JSPそれぞれでHello Worldと表示するプログラムの作成方法について解説します。

ServletでのHello Worldプログラム

ServletでのHello Worldプログラム、プログラムの概要説明を以下に記載します。

HelloServlet.java

//(1)
import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

//(2)
public class HelloServlet extends HttpServlet {
    //(3)
    public void service(HttpServletRequest req,
        HttpServletResponse res)
        throws ServletException, IOException {

        //(4)
        PrintWriter out = res.getWriter();
        //(5)
        out.println("<HTML>");
        out.println("<BODY>");
        out.println("<H3>Hello World!</H3>");
        out.println("</BODY>");
        out.println("</HTML>");

    }
}

解説

ここではHello Worldプログラムの概要を解説します。詳細は他のページで解説しますため、ここではServletプログラムを作成する上でのおおまかな流れを理解してください。

  1. (1)Servletプログラム関連のクラス、インタフェースが定義されている「javax.servlet」、「javax.servlet.http」パッケージをインポートします。
  2. (2)ServletプログラムはServletインタフェースを実装する必要があります。通常はServletインタフェースを実装したHTTPプロトコル向けの抽象クラスであるHttpServletクラスを継承します。
  3. (3)serviceメソッドはリクエストがきた時にServletコンテナにより必ず実行されるメソッドです。
  4. (4)Servletプログラムでブラウザにレスポンスを返すときはHttpServletResponseクラスを使用します。ここではブラウザに文字列を返すため、HttpServletResponseクラスのresオブジェクトを使用して、文字列を返すPrintWriterクラスのオブジェクトoutを生成しています。
  5. (5)outオブジェクトを使用して、HTMLタグや表示する文字列をブラウザに返しています。

デプロイメント

ServletプログラムをTomcat上で動作させる方法の詳細は、Javaの道:Tomcat(プログラム配置・実行)を参照してください。 Servletプログラムを動作させるためにはweb.xmlに<servlet>タグと<servlet-mapping>タグを記述する必要があります。Servletプログラムはコンパイルし、コンパイルしたものをコンテキストディレクトリの\WEB-INF\classesディレクトリ配下に設置します。

web.xml

<!DOCTYPE web-app PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN" "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">

<web-app>
    <servlet>
        <servlet-name>HelloServlet</servlet-name>
        <servlet-class>HelloServlet</servlet-class>
    </servlet>

    <servlet-mapping>
        <servlet-name>HelloServlet</servlet-name>
        <url-pattern>/HelloServlet</url-pattern>
    </servlet-mapping>
</web-app>

設置ディレクトリ例: $CATALINA_HOME\webapps\Hello\WEB-INF\classes
URL例: http://localhost:8080/Hello/HelloServlet

Javaの道_HelloWorld_1

JSPでのHello Worldプログラム

JSPでのHello Worldプログラム、プログラムの概要説明を以下に記載します。

HelloJsp.jsp

<HTML>
<BODY>

<H3>
<%
    out.println("Hello World!");
%>
</H3>

</BODY>
</HTML>

プログラムの概要を説明します。JSPプログラムはHTMLタグとJSPのコードを混在させることができます。<% ~ %>で囲まれた部分はJavaコードを記述できる部分です。out.printlnメソッドは引数に指定された文字列を表示します。<H3>タグに囲まれた文字列として"Hello World!"を表示します。<% ~ %>以外にも<%@ ~ %><%! ~ %>などを使用して、JSPプログラムを記述します。詳細は他のページで解説します。

デプロイメント

JSPプログラムをTomcat上で動作させる方法の詳細は、Javaの道:Tomcat(プログラム配置・実行)を参照してください。 JSPプログラムの場合はデフォルト設定で動作させる場合は、web.xmlの設定は必要なくコンテキストのルートディレクトリ配下に設置するだけで動作します。

設置ディレクトリ例: $CATALINA_HOME\webapps\Hello
URL例: http://localhost:8080/Hello/HelloJsp.jsp

Javaの道_HelloWorld_2

2Hello World