Javaに関する様々な情報をご紹介します。

2インストール(CentOS環境)

Javaに関する様々な情報をご紹介します。

インストール(CentOS環境)

ここでは、CentOS環境にTomcatをインストールする方法について解説します。

実行環境
  • ・CentOS 6.6
  • ・JDK 1.8.0_40
  • ・Tomcat 8.0.21

Tomcatのインストール

CentOS環境向けのTomcatインストール手順について解説します。TomcatのインストールにはJDKが必要です。JDKをインストールしていない場合は、「Javaの道:Java(JDK)インストール方法」参照するなどして、JDKをインストールしてください。
※本ページでは、執筆時点で最新であるTomcat 8.0系のTomcatをインストールします。Tomcat 8.0系をインストールするためにはJDK 1.7.0以上が必要です。

1. ダウンロード

1-1 wgetコマンドで、tomcatの最新版を取得します。執筆時点の最新版は、Tomcat8.0.21です。
# wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-8/v8.0.21/bin/apache-tomcat-8.0.21.tar.gz

2. インストール

2-1 tarファイルを解凍し、「/usr/local」ディレクトリ配下に設置します。
# tar -xzvf apache-tomcat-8.0.21.tar.gz
# mv apache-tomcat-8.0.21 /usr/local/
2-2 「/etc/profile」ファイルに環境変数JAVA_HOME、CATALINA_HOMEを設定します。
export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.8.0_40
export CATALINA_HOME=/usr/local/apache-tomcat-8.0.21
2-3 Tomcatをnobodyユーザで動作させるため、関連するディレクトリの権限をnobodyに変更します。
# cd /usr/local/apache-tomcat-8.0.21/
# chown -R nobody.nobody webapps
# chown -R nobody.nobody logs
# chown -R nobody.nobody work
# chown -R nobody.nobody conf
2-4 自動起動のためのスクリプトファイル「tomcat」を作成し、「/etc/init.d」配下に設置します。スクリプトファイルは以下を参考にし、「JAVA_HOME」、「CATALINA_HOME」の部分は、適時実行環境に合わせ修正してください。
#
# Startup script for the Tomcat
#
# chkconfig: 345 90 10
# description: Apache Tomcat is the Web container for Java Servlet & JSP.

JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.8.0_40
CATALINA_HOME=/usr/local/apache-tomcat-8.0.21

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

[ -f $CATALINA_HOME/bin/startup.sh ] || exit 0
[ -f $CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh ] || exit 0

RETVAL=0

start() {
    echo -n "Starting tomcat: "
    daemon --user "nobody" "$CATALINA_HOME/bin/startup.sh"
    echo
    return $RETVAL
}
stop() {
    echo -n "Stopping tomcat:"
    daemon --user nobody $CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh
    echo
    return $RETVAL
}
restart() {
    stop
    sleep 2
    start
}

case "$1" in
start)
    start
    ;;
stop)
    stop
    ;;
restart|reload)
    restart
    ;;
*)
    echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
    exit 1
esac

exit $?
2-5 実行権限を与えます。
# chmod 755 /etc/init.d/tomcat
2-6 自動起動の登録を行います。
# chkconfig tomcat on
2-7 セキュリティ対策の一環として、インストール時に作成されているコンテキストを削除します。
# cd $CATALINA_HOME/webapps
# rm -rf ROOT
# rm -rf docs
# rm -rf examples
# rm -rf host-manager
# rm -rf manager

Tomcatの動作確認

Tomcatの起動、動作確認、停止方法について解説します。

1. 起動

1-1 インストールの際に作成した自動起動のスクリプトを使用して、Tomcatを起動させます。
# /etc/init.d/tomcat start

2. 動作確認

2-1 psコマンドでTomcatが起動しているか確認します。以下のように表示されれば、正しく起動できています。
# ps aux | grep tomcat
nobody 6067 0.4 0.7 7699764 131216 ? Sl 23:22 0:03 /usr/java/jdk1.8.0_40/bin/java -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/apache-tomcat-8.0.21/conf/logging.properties -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/apache-tomcat-8.0.21/endorsed -classpath /usr/local/apache-tomcat-8.0.21/bin/bootstrap.jar:/usr/local/apache-tomcat-8.0.21/bin/tomcat-juli.jar -Dcatalina.base=/usr/local/apache-tomcat-8.0.21 -Dcatalina.home=/usr/local/apache-tomcat-8.0.21 -Djava.io.tmpdir=/usr/local/apache-tomcat-8.0.21/temp org.apache.catalina.startup.Bootstrap start

3. 停止

3-1 自動起動のスクリプトを使用して、Tomcatを停止させます。
# /etc/init.d/tomcat stop

2インストール(CentOS環境)