Javaに関する様々な情報をご紹介します。

1インストール

Javaに関する様々な情報をご紹介します。

インストール

ここでは、Antの概要、インストール方法について解説します。

実行環境
  • ・Windows2000 Professional
  • ・J2SDK 1.4.1_05
  • ・Ant 1.5.4

概要

AntはJavaベースのビルドツールです。JavaソースコードをJavaVMが実行できるようにコンパイルすることをビルドと言います。通常Javaプログラムは複数のファイル、複数のクラスライブラリで構成されています。それらをビルドする際、1ファイルずつコンパイルし、コンパイルごとにクラスライブラリを指定してなどとすると大変手間がかかります。Antの定義ファイルにあらかじめ、どのファイルをどのタイミングで、どのクラスライブラリを使用して、と記載することでビルドの手間を大幅に削減することができます。

AntはJakartaプロジェクトの中でも人気のあるツールの1つです。また、ほとんどの商用のJava統合開発環境(IDE)と連携することができます。そのため、JBuilder、WebSphere StudioなどJava統合開発環境独自のビルドツールを使用するのではなく、Antを使用することにより、統合開発環境を選ばないビルド環境を作ることができます。

インストール

  1. 以下のURLよりAntの最新版をダウンロードします。執筆時点の最新版は1.5.4です。
    http://ant.apache.org/bindownload.cgi
    Ant_ダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍し、任意のディレクトリに配置します。これでインストールの完了です。
  3. 環境変数の設定を行います。Antの実行に必要な環境変数は以下の通りです。
    環境変数
    JAVA_HOME J2SDKインストールディレクトリ E:\j2sdk1.4.1_052.2
    ANT_HOME ANTインストールディレクトリ D:\Program Files\apache-ant-1.5.4
    PATH ANTインストールディレクトリ/bin D:\Program Files\apache-ant-1.5.4\bin
  4. 動作確認を行います。MS-DOSプロンプトで「ant -version」と実行してください。Antのバージョンが表示されるとインストールの成功です。
    D:\>ant -version
    Apache Ant version 1.5.4 compiled on August 12 2003
    D:\>

1インストール