Javaに関する様々な情報をご紹介します。

1はじめてのJava

Javaに関する様々な情報をご紹介します。

はじめてのJava

このページではJavaの実行手順、Javaの構成要素、Javaプラットフォームについて説明します。

Javaの実行手順

Javaは以下の工程を経て、実行されます。

Javaの実行手順
  1. (1)JavaソースプラグラムはJavaコンパイラによりコンパイルされ、Javaバイトコードに変換されます。
  2. (2)JavaバイトコードはJVM(Java仮想マシン)上で実行されます。

JavaバイトコードはJVM上で実行されます。OS上で実行されるわけではありません。これはJavaプログラムはJVMがインストールされていれば、OSに依存せず実行することができると言えます。Javaの特徴として言われている「Write Once, Run Anywhere」(一度プログラムを作ると、どこでも実行させることができる。環境に合わせてプログラムを変更する必要がない)ということです。

Javaの構成要素

Javaは以下の図のように構成されています。

Javaの構成要素

Javaソースプログラムは開発者自身が作るものです。JavaバイトコードはJavaソースプログラムをコンパイルしたものです。

コンパイラ・デバッガ、Java API、JVMはサンマイクロシステムズやJava仕様準拠製品を作っているメーカから提供されます。開発ツール、開発キットなどと呼ばれるものの中にはコンパイラ・デバッガ、Java API、JVMのすべてが含まれています。Java実行環境と呼ばれるものの中にはJava API、JVMが含まれています。Javaを実行するためには最低限、Java APIとJVMが必要です。

コンパイラ・デバッガ
Javaソースプログラムをコンパイルします。また、コンパイルが正しく行われない場合、その原因を調査、解決します。
Java API
主要機能を集めたライブラリです。入出力処理のためのAPI、DB処理のためのAPIなどがあります。Java APIを使用することにより、基本機能を1から作りこむ必要がなくなります。
JVM
Java Virtual Machine(Java仮想マシン)の略です。コンパイルされたJavaバイトコードを実行します。

Javaプラットフォーム

Javaはプログラムが動作する環境によりいくつかのプラットフォームに分類されます。

J2EE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)

サーバサイドで動作するアプリケーション向けのJavaプラットフォームです。オンラインショップ、会員制サイトなどWebアプリケーションの開発でよく使用されます。主要APIには、サーブレット(Webアプリ開発)、JSP(スクリプトベースWebアプリ開発)、EJB(DB、トランザクション管理)などがあります。

J2SE(Java 2 Platform, Standard Edition)

すべてのJavaにおいて基本となるプラットフォームです。一般にデスクトップ環境向けJavaプラットフォームと言われています。業務用ソフト、アプリ開発ソフトなどクライアントPCで動作するアプリケーションの開発でよく使用されます。主要APIにはSwing(GUIアプリ開発)、Applet(Webブラウザアプリ開発)、JDBC(DB接続)などがあります。

J2ME(Java 2 Platform, Micro Edition)

モバイル環境向けJavaプラットフォームです。処理速度、データ容量などリソースが乏しい環境でもスムーズにJavaアプリが動作するように最適化されています。主要APIはカーナビ、セットトップボックスなど比較的大きめの端末向けのCDCと、PDA・携帯電話など比較的小さめの端末向けのCLDCに分かれています。CLDCの元で動作するJVMは特にKVMと呼ばれ(KはKバイトのメモリで動作の意味)、モバイル端末のリソースに合わせ最適化されています。

Java Card

スマートカード(IC搭載カード)環境向けJavaプラットフォームです。Java Card環境を実装したスマートカードであれば、スマートカード発行会社を問わず、同一のJavaアプリを動作させることができます。

1はじめてのJava