Javaに関する様々な情報をご紹介します。

Javaに関する様々な情報をご紹介します。

Taglibs

JSPのgetParameterメソッドで取得した値をJSTLのタグで表示する方法

getParameterメソッドで、前ページで設定された値を取得します。取得した値を、pageContextオブジェクトのsetAttributeメソッドで、データ名、データ値、スコープの順に登録します。
setAttributeメソッドで指定された、データ名、データ値は、Standard Taglibsの各タグで指定できるようになります。

例では、getParameterメソッドで取得した"name"のデータ値を、setAttributeメソッドで、このページで利用できるようPAGEスコープで設定しています。
設定された値をStandard Taglibsタグの<c:out>で表示しています。

//JSPのgetParameterメソッド、setAttributeメソッドで値を取得し、Standard Taglibsのタグから参照できるようsetAttributeメソッドで設定しています。
<%
String value = request.getParameter("name");
pageContext.setAttribute("name", value, PageContext.PAGE_SCOPE);
%>
//設定した値を<c:out>タグで表示しています。
<c:out value="${name}" />

3Taglibs