Javaに関する様々な情報をご紹介します。

Javaに関する様々な情報をご紹介します。
評価

0

抽象クラスとインターフェイスの違い

どーも。

抽象クラスとインターフェイスの違いなんだけど、
ようはこんな感じでいいの?

抽象クラスはテンプレートメソッドのような使い方が
主な感じで、インターフェイスは2つ以上のクラス間の
整合性を保つようなことに使える感じ?









2

回答

3108

閲覧

2件の回答

評価

0

2つ以上のクラス間の整合性を保つことは Abstract class でもできると思いますが、多重継承(implementation)できるかできないかも現場では選択肢になったりするのかな、、。

評価

0

別に抽象クラスはテンプレートメソッドが主なわけじゃいないが、
単に実装の一部分を抽象化したときに使う。
インターフェイスは全てを抽象化したいときに使う。

抽象クラスを使うと、実装者が必要な部分だけを実装だけで済む。
でも実装がある分他のクラスへの依存度が高くなる。

インターフェイスは実装者が全て実装しなければならない。
その代わり他のクラスへの依存度はなくなる。

使い方のパターンとしては、
・インターフェイスを作る
・そのインターフェイスを実装した抽象クラスを作る
ということも多い。

質問から6ヶ月以上経過しているので、回答を書き込むことはできません。